診療時間
9:00〜13:00
15:00〜20:00 18時
まで
〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋3-22-1
TEL:03-5680-9941

虫歯治療

虫歯治療

このような症状でお悩みではありませんか?

ふとした瞬間に「虫歯かも?」と感じた経験はありませんか?
虫歯となった初期の段階では自覚症状を感じることが少ないため、ある日突然歯に痛みなどの症状が現れ、
そのとき初めて「虫歯かもしれない」と自覚する人も少なくありません。

虫歯の症状は進行段階に応じて異なってきますが、主な症状は以下の通りです。

虫歯の主な症状

  • 冷たいものが歯にしみる
  • 歯がズキズキする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まる
  • など
上記の症状が1つでもある場合、虫歯になっている可能性があります。
歯科医院への速やかな受診をおすすめいたします。

虫歯治療とは?

虫歯治療とは?

歯を悪くしたり失う原因の一つが虫歯です。虫歯の進行度合いにより、治療法も異なってきますが、虫歯になった部分を削り取り消毒をして、プラスチックや金属の詰め物や被せ物をするのが基本です。削る部分が大きくなるほど、歯の強度を弱めてしまうので、なるべく早い段階での治療が大切です。

虫歯はどうしてなるの?

虫歯はどうしてなるの?

口の中にはたくさんの細菌がいます。その中にある「ミュータンス菌」などの虫歯菌は糖分から酸を作り出し、歯を溶かしていきます。この酸が歯を溶かし続け、虫歯になっていきます。

日頃からブラッシングなどで気を付ける事と合わせて、虫歯になる前から歯科医院に通い、虫歯にならないための予防をすることが重要です。

虫歯の進行度別の説明

私たち人類の歯は、エナメル質・象牙質・歯髄の3構造で形成されています。 虫歯は徐々に進行していくために、段階別にC1~C4に分類され、治療法も段階別に異なります。
  • 虫歯段階:C1

    歯の表面組織であるエナメル質の表面が溶かされ、歯に穴があいた状態です。

    保険外治療
    セラミック、ダイレクトボンディング
  • 虫歯段階:C2

    エナメル質の下の層にあたる象牙質にまで虫歯が到達している状態です。象牙質は歯の神経である歯髄に近く、血管や知覚を感じる神経が通っているために、「歯がしみる」などの自覚症状が現れます 。

    保険外治療
    セラミック、ダイレクトボンディング
  • 虫歯段階:C3

    虫歯が神経(歯髄)まで到達している状態です。歯髄が虫歯菌に感染し炎症を起こしているため、激しい痛みを伴います。

    保険内治療
  • 虫歯段階:C4

    歯冠部分のほとんどが虫歯菌によって溶かされた状態です。神経が壊死している状態であれば、痛みは感じません。虫歯がC4の段階までに達した場合には、ドックベストセメントの治療法は適応されず、壊死した神経を抜髄し、根管内を清掃・消毒をおこなう一般的な根管治療が適応されます。尚、歯の根の先端に膿が溜まり痛みが生じる可能性もあり、最終的には抜歯となる場合もあります。

    保険内治療
    根管治療、抜歯、 保険適用の入れ歯、ブリッジ

様々な治療方法について

保険内治療

軽度の虫歯(C1、C2)の金属を使わない保険内治療

歯と似た色をした硬質の樹脂でできた詰め物(コンポジットレジン)です。保険診療範囲内で適用が可能です。もちろん金属の詰め物(銀歯)も行っておりますが、金属なので強度はありますが、見た目が良くない・時間が経つと金属が錆びて溶け出し、金属アレルギーを引き起こす・歯や歯ぐきの変色の原因にもなります。

保険内治療以外に、当院では自費診療のセラミックを使用した詰め物での治療を行います。
他にも様々な種類を取り扱っておりますので、各素材の特徴や料金など詳しくは審美歯科のページでご覧ください。

他の詰め物はこちら

保険外治療

重度の虫歯(C3)の神経を抜かない虫歯治療~ドックベストセメント~

一般的な根管治療では、神経を抜く抜髄治療法が適応されますが、神経を抜いてしまうと歯がもろくなり、歯の寿命も短くなると言われています。
ドックベストセメントは、歯の削る量を最小限に抑え、更には神経を抜かずに虫歯治療をおこなえる画期的な治療方法です。ドックベストセメントに含まれる銅イオンの殺菌力により、虫歯菌に感染した部位を無菌化し、更にミネラルで再石灰化を促進させ、永続的な殺菌効果が保たれることにより、一般的な根管治療をおこなった歯より寿命が延びることが期待できる治療法です。
保険内治療

重度の虫歯(C3、C4)の根管治療について

根管治療とは、神経と血管の『歯髄』を除去して、歯髄があった『根管』を洗浄・消毒を行い、薬で密封して無菌の状態にする治療です。この時、少しでも細菌が残ってしまうとそこから細菌が増殖してしまい、根が感染して再発の原因になってしまいます。
その様なことにならない様に、細菌に汚染された根管を針金の様な器具を使用してキレイにしていく無菌の状態にしていくのです。そして、その上に被せ物をしていく為にしっかりとベースを作る治療です。

ベースがしっかりしていないと、せっかくキレイなかぶせ物をしても再度治療が必要になり、かぶせ物を除去して再治療をしなければなりません。そのため、根管治療はとても重要な治療なのです。
当院では、こだわった機材・商材を取り扱っており、できるだけ自然歯が残る根管治療を行っています。

ただ、根管治療を行えないほど進行が進んでしまっている場合は、抜歯を行うしかありません。
その場合は、入れ歯治療インプラント治療を行います。

精密な治療を行うための2つのポイント

  • Point
    1

    CT撮影により、お口の状態を詳細に理解する

    当院ではCTによる撮影を行い、患者様のお口を詳細まで把握するようにしております。
    根管治療を行う場合でも、複雑な根管の形を把握できているかそうではないかで治療結果に大きな差が生まれてきます。
  • Point
    2

    歯科用拡大鏡により、細かい部分まで見落とさない治療を行っております

    歯科用拡大鏡で歯の細部までを確認することで精密な治療を行うことが可能となります。肉眼だけでは細部まで確認を行うことは難しいです。可能な限り削らない且つ再発しない虫歯治療を行うためには、歯を細部まで確認しながら治療を進めることが大切です。

虫歯は進行すればするほど、治療が困難になります

一度虫歯となった歯は、歯科治療をおこなわなければどんどん症状が進行してしまい、最終的には歯を失うことも考えられます。

虫歯の進行段階が早ければ早いほど歯にかかる負担は少なく、治療も短時間で終えることが可能です。

「虫歯かも?」「少ししみる…」など、少しでも違和感を感じた際には、早急な歯科医院への受診をおすすめいたします。