診療時間
9:00〜13:00
15:00〜20:00 18時
まで
〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋3-22-1
TEL:03-5680-9941

歯のクリーニング・定期健診

歯のクリーニング・定期健診

歯を大切に

80歳になっても20本の歯を維持する
”8020運動” 始めませんか?
従来の歯科医療といえば「虫歯になったら治療をおこなう」ことが主流であり、
現在の「予防歯科」の観点がなかったために、虫歯や歯周病が原因で歯を失う人が多く見受けられ、
日本では入れ歯やインプラントが欠かせないことも増えてきています。

しかし、いくら失った歯の機能を人工の補綴物である入れ歯やインプラントで補ったとしても、
人工歯では天然の歯に噛み心地などで勝ることはやはり難しい状態です。

そこで、自身の歯で食事をとることが豊かなQOL(生活の質)において最も重要だという概念のもと、
80歳で20本、自身の歯を維持するための活動である「8020運動」を、
国をあげて(厚生労働局)盛んに行われるようになりました。

歯を大切に

平成5年の時点では、80歳で20本の歯を維持している人の割合は10%程度でありましたが、平成17年には約20%、平成23年には約40%、平成28年度には、80歳で20本の歯を保つことができた人は50%に達し、昭和32年より調査を始めてから半世紀の時間を要することで、日本人の2人に1人が、80歳の時点で自身の歯の本数を20本保つことに成功しました。
その成功の裏にはやはり、「虫歯になったら治療をおこなう」という概念から半世紀以上の時間をかけ、虫歯にならないために定期健診を受け、歯のクリーニングを受けることの大切さが世間一般に広がり 「歯の大切さ」「生涯に渡り自身の歯で食べられる喜び」が再確認されたからであると推測されます。

歯のクリーニング(PMTC)について

歯科医院でおこなう、Professional(専門家による) Mechanical(機械的な) Tooth(歯の) Cleaning(お掃除)、通称PMTCは、有資格者である歯科医師または歯科衛生士が、専用の機器と研磨剤を使用しておこなう歯のクリーニング方法のことです。 PMTCは、歯磨きでは除去しきれないバイオフィルムタバコのヤニ茶渋などを取り除くことを主な目的としておこないます。

バイオフィルムの定期的な除去

バイオフィルムはお口の中に存在する複数の細菌のかたまりであり、その中には虫歯菌や歯周病菌も含まれます。

うがいや歯磨きをしても除去しきれない物質のため、バイオフィルムが形成されたままでいると、虫歯や歯周病の原因になりかねません 。
また、1度除去したバイオフィルムはおよそ3カ で再形成されると言われているため、3カ月 に1度の検診でPMTCをおこなうことが理想です。
バイオフィルムの定期的な除去
3カ月に1度の
PMTC

PMTCの手順

専用の機器と研磨剤を使用して、普段の歯磨きでは除去しきれない汚れを除去していきます。
  • 1

    お口の中をチェック

    お口の中をチェック
    磨き残しや歯垢の付着状況をチェックしていきます。お口の中の状況をお伝えし歯垢除去、歯磨き指導などを行っていきます。
  • 2

    歯のクリーニング

    歯のクリーニング
    歯垢や歯石・バイオフィルムを除去していきます。
  • 3

    スケーリング

    スケーリング
    ②では取り切れなかった細かい歯垢や歯石・バイオフィルムを除去していきます。専用の研磨剤と柔らかい洗浄器具を使用します。汚れをつきにくくするため、歯の表面をツルツルに仕上げます。
  • 5

    ブラッシング指導

    ブラッシング指導
    正しい歯磨きの仕方を身に付け、日々のセルフケアを的確におこなうことが、お口の中の健康へと繋がります。

定期健診について

歯石除去のみが目的ではなく、虫歯や歯周病などの予防として定期的に検診を受け、自身の歯の健康に目を向けるように取り組みましょう。保険診療内で対応を行っていきます。
  • 歯・歯肉

    虫歯や補綴物に修復箇所がないか、歯肉に腫れ・炎症などがないかを確認します。補綴物と歯にわずかな隙間がある場合は、虫歯菌が侵入し、二次虫歯にもつながるので未然に防ぐためにも細かく確認していきます。
  • 歯石

    歯に付いた歯石の除去を定期的に行う事をお勧めします。すみずみまできれいにすることで、虫歯や歯周病予防にもつながり、歯本来の白さを一定に保つことが可能です。
  • 歯並び

    歯並びが乱れていると歯磨きもしづ らく、歯肉炎や虫歯が認められる場合も多いため、定期的な検診がとても重要です。
  • 顎関節症

    口が開かない、口を開けるときに痛みが生じる「カクン」と鳴るなどの症状がないか確認をおこないます。
  • 咀嚼筋

    食べ物を噛み砕く際に必要な機能の1つです。
    咀嚼筋が正常に機能しているか確認をおこないます。
  • 口腔粘膜

    舌、唇、頬の内側などにできる炎症の有無や、口腔がんなどの所見がないか確認をおこないます。

自身の歯の状態を知ることはとても重要!

自身の歯の状態を知ることはとても重要!

歯科医院は「虫歯を治療する場所」と認識されているために、「虫歯がない状態で歯科医院を受診しても、何も意味がないのではないのか」とお考えの人もまだまだ多くいらっしゃいます。

歯科治療において「早期発見・早期治療」できることはとても重要であり、虫歯や治療の有無に関わらず、3ヶ月から6ヶ月に1回は、定期健診にお越しいただくことをおススメいたします。